事業

広く「危機管理」に資するビジネス

日本は、大きな災害に幾度も見舞われてきました。当社は、不測の事態への「危機管理」に資するビジネスを幅広く展開しています。しかし、「防災」はどうしても取り組みが大がかりになり、多くの費用がかかります。

そこで、家庭や職場、学校や病院、近隣や地域ごとに少ない費用で行える「減災」を重んじています。同時に、客観的な「安全」を大切にしながら、それに劣らず主観的な「安心」を重んじています。一人でも多くの方が明るい笑顔で過ごせるようにします。

当社の事業の重点

提案営業

減災・防災上の「課題解決」に貢献

当社は、顧客が抱える減災上・防災上の「課題解決」に貢献しています。すなわち、パートナーとして相談に応じる「提案営業」です。

家庭を含めた個人顧客に目配りしつつ、自治体などの団体を含めた「法人顧客」を対象としています。また、関係性の形成によるリレーションを大切にしつつ、役立ちの追求による「ソリューション」を実践しています。顧客にとっての効果や利点などの「ベネフィット」を最大化します。

当社の営業の重点

営業活動では、丁寧に接触を積み重ねて顧客に固有の課題を突き止め、最適な「解決策」を提示します。

当社の営業の工程

当社は、営業活動そのもので共感と信頼を獲得し、顧客満足を実現するために「営業憲章」を定めています。

営業憲章

お客さまから感動と称賛の言葉をいただく。

  1. 1.数字は貢献に対するお客さまのご褒美と考え、役立ちを追い求めます。
  2. 2.お客さまの側に立ち位置を移し、取り引きでなく取り組みに徹します。
  3. 3.営業活動では手続きを踏みながら、お客さまに対する貢献を深めます。
  4. 4.真っ先に決定権者の方と向かい合い、貢献のテーマを明らかにします。
  5. 5.自らについて語るのでなく、お客さまのために語ることを心がけます。
  6. 6.情報の提供を通じて「面談に応じてよかった」と思っていただきます。
  7. 7.貢献のテーマに関わる事柄を中心にお客さまへの理解を掘り下げます。
  8. 8.お客さまとともに課題をすり合わせ、効果的な解決策を練り上げます。
  9. 9.それぞれのお客さまに対して「ベストソリューション」を提案します。
  10. 10.お客さまに提案内容を受け入れていただき、現実の貢献を果たします。
  11. 11.お客さまの商品利用に寄り添い、かならず大きな満足を差し上げます。

お客さまにとり「最良の営業」になれるよう、私たちは進化しつづけます。


ページの先頭へ