代表挨拶

「減災ソリューション」のパイオニアとして

東海技術製作所は、「減災」に関わる商品と営業をアイデンティティとする製造商社として発足しました。きっかけは「東日本大震災」の被災企業の経営者が実体験を踏まえて開発した製品に込めた思いに感動したことでした。そして、こうした思いを込めた製品がほかにもあると知り、その普及を通じて世の中に役立てると考えるようになりました。私はその頃ちょうど、私が経営する製造2社の業績向上と成長持続を目指し、課題の解決を通じて顧客に役立てる「提案営業」を学んでいました。この2つの「役立ちの願い」が心のなかで結びつき、「減災ソリューション」に徹する東海技術製作所を設立する運びとなりました。

日本では東海・東南海・南海地震、首都直下地震などの巨大地震の発生が切迫するにつれ、甚大な被害が想定されています。世界では地球環境の破壊が深刻化するにつれ、「異常気象」が頻発しています。私たちは近年たびたび台風や竜巻に襲われ、また大雨による洪水や土砂崩れに見舞われています。そうした専門家の知見や被災の教訓を背景に、対応策への社会的な関心と要請が高まっています。

国や自治体は大がかりな「防災」の取り組みを推し進めています。それが重要なのは述べるまでもありませんが、家庭や職場、近隣や地域ごとに行う危険性やダメージを抑える「減災」の取り組みも大切です。防災は被害の発生そのものを回避しようとするのに対して、減災は被害の発生を前提としてそれを軽減しようとします。平素の心がけと堅実な手立てで守れる暮らしと命もあるはずです。

この減災は、災害の発生前の「備え」、発生時の「守り」、発生後の「支え」から成り立ちます。

  • ①災害発生前に家族や住民がもしものときの備えを済ませておく。
  • ②災害発生時に家族や住民が受ける被害や損失をなるべく少なくする。
  • ③災害発生後に家族や住民が自立した生活をすみやかに送れるようにする。

結局、減災では発生前の準備により、発生時と発生後の緊急の対処や応急の措置を可能にすることを主眼とします。

東海技術製作所がもっとも大切にするのは、「ヒューマン・セイフティ」です。私たちの「安心」の拠りどころとなるのは、何といっても人間同士の絆(きずな)です。自身が使うのはもちろん、家族や住民など人と人の助け合いのなかで一層効果的に使えるさまざまな減災製品、さらに防災製品を提供しています。

東海技術製作所は減災ソリューションのパイオニアとして、減災に関する「啓蒙」と「相談」に力を入れています。そのうえで家庭や職場、近隣や地域などのコミュニティが抱える災害上の課題を明確にし、それぞれに最適な「解決策」をご提案します。

東海技術製作所は、行政機関や防災機関をはじめ、大学など教育機関、NPO法人など民間機関と連携を深め、ソフトとサービスを含めた商品ラインナップの拡充を図っていきます。お客さまが安心できる環境づくりにしっかりと寄り添うことで、お客さまから真っ先に選ばれる減災のリーディングカンパニーになれるよう、全員一丸となって邁進いたします。

株式会社東海技術製作所 代表取締役社長 柴田 真

理念

ご縁を生かし、共感と信頼を育む。

東海技術製作所は、従業員と取引先が手を携え、お客さまを支えてまいります。

社是

ヒューマン・セイフティ

安心な環境づくりに寄り添う。

災害時にもっとも心強いのは、人と人のつながりのなかから生まれる「安心」です。
私たちは地域社会に安心の笑顔を咲かせます。

社訓

減災のパートナーとして、もしものときの備えに資する。

行動指針

Go forward.

前へ、前へ、さらに前へ。

  1. 1.元気 私は職場を明るさで輝かせます。
  2. 2.率先 私は周囲を引っ張っていきます。
  3. 3.挑戦 私は高い目標に立ち向かいます。
  4. 4.感謝 私は仲間の協力を引き出します。
  5. 5.勇気 私は問題や困難を乗り越えます。
  6. 6.誇り 私はやりがいに燃えて働きます。
  7. 7.学び 私は向上と成長を手に入れます。
  8. 8.責任 私は役目と仕事をやり抜きます。
  9. 9.創意 私は知恵を絞り成果を高めます。
  10. 10.度量 私は心を開いて人と交わります。
  11. 11.倫理 私はルールとマナーを守ります。

CI

CIとは、コーポレート・アイデンティティの略。
当社の独自性を明快なフレーズとデザインで表現しています。

株式会社東海技術製作所ロゴマーク

シンボルマークのモチーフは、東海技術製作所の「TG」。
そこに東海の象徴としての「波」と技術の象徴としての「ギア」をあしらいました。

シンボルマークのカラーは、ブルーとオレンジ。
ブルーは、東海の豊かな「海」を表します。
知性と洗練、爽快感と清潔感を込めました。
オレンジは、東海の暖かな「陽」を表します。
真心と交流、安心感と生命力を込めました。


ページの先頭へ