DSC_0411

『減災すごろく』の試作品第一弾が完成しました。

小学生低学年、幼稚園児を対象とした、体験や実践をしながら楽しく防災について学べるすごろくを

目指しています。

各マスに止まると、防災に関するクイズや課題が出され、クリアするとポイントがプラスされ

クリアできないとポイントがマイナスされながらゲームが進んでいきます。

ゴールに一番早く着いたチームが勝ちではなく、ゴールした時点で一番多くポイントを持っていたチームが

勝ちとなります。

DSC_0414

マスは繰り返し遊べるようにマグネットにより取り外し、入れ替えができる仕様になっています。

まだマスの数も少なく、内容も乏しい感じがありますので、もっと改良を進めていきます。

DSC_0404

上の写真は私たちが参加させていただいている、いわた減災ネットワーク連絡会の定例会の中で会員の皆さんに

完成した『減災すごろく』を披露した時の写真です。より良いすごろくとなるよう、皆さんからたくさんの

貴重な意見が聞けました。

今後は小学生低学年、幼稚園児だけでなくもっと幅広い世代が参加することができ、もっと楽しみながら

防災について学べるようにゲーム性や内容をブラッシュアップしていきます。また今は小学校や幼稚園などの

クラス単位で遊んでもらう内容となっていますが、少人数でも楽しく遊んでもらえるよう皆さんの協力を

いただきながら、改良を進めていきます。

テレビ東京・ワールドビジネスサテライト(WBS)の「トレンドたまご(トレたま)」コーナーにおいて、当社が4月1日に発売した「減災チャート」が紹介されました。相内優香トレたまキャスターに盛りあげていただき、大江麻理子メインキャスター、大浜平太郎サブキャスターなどの出演者全員に手に取っていただきました。ありがとうございます。

代表・柴田真が初のテレビ取材を受けました。テレビ東京の「ワールドビジネスサテライト(WBS)」です。緊張のせいでしょうか、終了後はくたくたになったそうです。お相手をしてくださった相内優香トレたまキャスター、そして収録スタッフの方々に感謝します。

「日本経済新聞(静岡経済版)」で当社の「減災チャート」が紹介されました。

「Fuji Sankei Business i.(東京・大阪)」で当社の「減災チャート」が紹介されました。

4月25日以降、「朝日新聞デジタル&M」「日本経済新聞(電子版)」「SankeiBiz」など31のウェブメディアで当社の「減災チャート」が紹介されました。

代表・柴田真が5月1日まで「NPO法人静岡県災害支援隊」の有志とともに熊本県益城町で災害ボランティア活動に携わります。往復を除いた3日間です。当社の「減災チャート」も被災者にじかにお渡しします。

東海技術製作所は「熊本地震」の被災地支援の一環として「減災チャート」をお送りしました。
大勢の方々が集まる施設などで活用されることを願っています。


ページの先頭へ